HOME > 歯科情報 > トピックス >「歯と口腔の健康づくり月間」

宮城県歯と口腔の健康づくり推進条例では,歯と口腔の健康づくりに関する県民の関心と理解を深めるため,毎年11月を「歯と口腔の健康づくり月間」と定め,県民,行政機関,教育機関,関連団体及び地域が協力して歯と口腔の健康づくりに関する取組を積極的に実施し,県民の健康の増進を図ることとしています。

令和3年11月1日(月)から11月30日(火)までの1か月間

(1)歯科口腔保健推進の方向性
 1,乳幼児及び学童期・思春期の歯科口腔保健対策の重点化
 2,歯周病予防対策の強化
 3,要介護者、障害児・者への歯科口腔保健対策の充実
 4,施策の展開による連携づくりの推進
(2)各ライフステージ等のテーマ
 1,妊産婦期乳幼児期「乳歯むし歯予防、口腔清掃習慣づけ」
 2,学童期・思春期「永久歯むし歯と歯肉炎の予防」

宮城県歯科保健大会
毎年11月の第1土曜日に歯や口の健康づくりについて,関心と理解を深めていただく機会として,宮城県,宮城県教育委員会とともに,宮城県歯科保健大会を開催しています。「宮城県8020よい歯のコンクール」や「宮城県歯つらつファミリーコンクール」の審査結果や著名な先生をお呼びしての「特別講演」などが以下の宮城県のホームページから確認することができますので、ぜひご覧ください。

 

各市町村の催事
各市町村では「歯と口腔の健康づくりパネル展示」「歯周疾患検診・健康相談」などを行っております。開催日時については各市町村歯科医師会へお問い合わせください。
地区歯科医師会の連絡先はコチラ!