CURRICULUM
& TRAINING

カリキュラム・実習

CURRICULUM現場の力を育てるカリキュラム

口腔保健学

歯科衛生士の専門業務である「歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導」について総合的に実践しながら学びます。

歯周療法学

予防・治療の知識だけでなく、正確な診査能力を養い、口腔衛生指導、SRP(歯垢や歯石の除去)、メインテナンスを確実に行うことができるよう実践的な教育を行います。

カリオロジー学

1、2年生で学んだ「う蝕」に関する各事項を体系立てて総合的に学ぶための講義です。う蝕予防における歯科衛生士の役割について具体的に学びます。

摂食・咀嚼・嚥下指導

摂食嚥下障がいのメカニズム、検査方法、リハビリテーション、口腔ケアについて、講義・演習を通して学びます。超高齢化社会で、この対応を行うことができる歯科衛生士の育成に力を入れています。

行動科学

価値観の異なる患者さんに適した指導を行うために、行動科学の知識を学びます。人の行動特性を理解し、コミュニケーション能力を身につけます。

看護学

看護に関する知識を学び、対象となる人への援助方法を身につけ、全身管理を行える歯科衛生士を目指します。

  • 院内実習
  • 臨地・臨床実習
  • 歯科診療所実習
  • 摂食・咀嚼・嚥下指導

CLINICAL
TRAINING
院内実習

院内実習とは

歯科衛生士に必要な知識、技術とコミュニケーション能力を身につけるために、多くの時間をかけて実習に取り組みます。基礎的な実習から臨床現場に即した応用実習を通して、即戦力となる力を身につけていきます。

スケーリング

「スケーラー」という器具を使用して歯と歯ぐきの間の歯石やプラーク(歯垢)を取り除き、歯周病を予防します。スケーラーには手用スケーラー、超音波スケーラー、エアースケーラーがあり、歯と歯ぐきの状態や患者さんの負担を考慮して使い分けられます。

プロービング

「プローブ」という器具を使用して歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを調べることをプロービングといいます。歯周ポケットは深くなるほど歯周病の程度が進んでいると考えられ、歯周病の治療を行ううえで必要不可欠な検査です。

印象採得

印象材(印象をとるための材料)を使用して歯の型を取ることを印象採得といいます。印象材を練和し、それを専用のトレーにのせて歯の型を採ります。この印象をもとに、歯の詰め物やかぶせ物などの製作に必要な模型を作ります。

口腔清掃法

年齢や生活習慣、全身疾患などによって口腔内の状態は変化していくので、それらに適応した清掃用具を選択することが必要です。歯ブラシだけでは口腔内のすべてのプラークを除去することはできないので、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具を活用します。

模擬患者実習

第2・3学年では、学生の家族や友人に模擬患者としてご協力いただき、学生が実際に歯科衛生ケアを行います。3年次には歯周療法学と連携し、継続した実習の中で計画立案し、実施、評価する一連の流れを実際に学びます。

CLINICAL &
CLINICAL
TRAINING
臨地・臨床実習

臨地・臨床実習とは

国公立病院、東北大学病院の専門性の高い実習施設で行われ、実践を通しながら多くの症例を現場で学び、実践的な技術と知識を身につけます。また、保育園や小学校、福祉施設などを訪問し、歯科保健指導を行い、ライフステージに応じた実践力を身につけます。

小学校実習歯磨き指導

4〜5名のチームになって、児童40名程度の1クラスを担当します。児童のみなさんに歯磨きの方法を授業形式で教えます。

巡回臨床実習

社会福祉施設などを訪問して実習を行うことにより、隠がいへの理解や問題点の発見、コミュニケーション能力も含めた知識・技術の修得を目的としています。

保育園実習

園児(1〜5歳児まで)が興味を持つように、歌を歌いながら歯磨き指導を行ったり、手づくりの紙芝居でむし歯予防の大切さを伝えます。

行政実習

地域住民の健康保持・増進に適切な歯科衛生介入を行うため、保健サービスにおける基本的な知識・技術・態度の修得を目的としています。

DENTAL
CLINIC
TRAINING
歯科診療所実習

歯科診療所実習とは

実践的な知識と技術、臨機応変な対応力を身につける実習を豊富に設け、専門性の習得をバックアップしています。真剣に取り組む医療の現場、先輩歯科衛生士の姿、また実際の患者さんとのコミュニケーションが自分を成長させるステップとなります。

口腔衛生指導

お子さんからご高齢の方まで幅広い年齢の方たちが来院されるので、その方に合った常磨き指導や対応の仕方などを学びます。

治療のアシスタント

処置の必要性を教わりながら、歯科医師の診療を補助します。

先輩歯科衛生士による指導

先輩歯科衛生士が手取り足取り指導してくれます。先輩からのアドバイスはとても勉強になります。

SWALLOWING
INSTRUCTION
摂食・咀嚼・嚥下指導

摂食・咀哨・嚥下指導とは

超高齢社会を迎えた中で、十分に噛めない、上手に飲み込むことができない等の、摂食嚥下機能に問題を抱える人が多くなってきました。3年次に、高齢者施設にて1年間を通して継続的に口腔ケアを実施し、専門的な技術と考え方を身につけていきます。

専門的な口腔ケア

誤嚥性肺炎などの感染症の予防には、口腔ケアが効果的だと言われています。歯科衛生士の行う専門的な口腔ケアは、歯や粘膜、舌などの汚れを取り除くことと同時に、お口の中の機能を向上させるリハビリを行います。

専門的な口腔ケアの技術習得のための学内実習

専門的な口腔ケアを行うには、技術はもちろんですが経験も必要となります。学内で相互実習を通して、その技術を学びます。