ヘッダービジュアル

国家試験・就職

国家試験

本学院のレベルの高い教育内容と実践に即した実習の成果は、国家試験合格率に顕著に表れ、例年、高い合格率を示しています。

国家試験合格率

●平成19年度

平成19年度合格率

●平成20年度

平成20年度合格率

●平成21年度

平成21年度合格率

就職 ※平成21年度実績

毎年、卒業生に対して、歯科医院、病院、施設、官公庁などから4倍程度の求人があり、一人一人が希望と適性に合った就職を実現しています。

求人件数

求人件数グラフ

●求人件数と求人倍率の推移

求人件数と求人倍率の推移

就職状況

就職状況グラフ

※平成21年度卒業生48名

卒業生メッセージ
黒田葵さん

あべ長歯科勤務

第33回生 平成16年度卒業 黒田 葵 さん

[宮城県名取高校出身]

スキルアップはもちろん自分自身を磨ける仕事です。

黒田葵さん

偶然ですが、私が就職した歯科医院には、学生時代に学校の実習でお世話になった先輩が勤務しており、就職したばかりで右も左もわからない私に、やさしく教えてくれました。先輩のおかげで、社会人になるという不安も一気になくなったことを覚えています。当院には、様々な年代の患者さんが来院されるので、年代に合った接し方や、話し方は難しくもあり、やり甲斐もあります。歯科衛生士として大切なのは、常にスキルの向上を目指すことはもちろんのこと、様々な患者さんに接する中で学ぶことはたくさんあるので、日々、自分自身を磨いていくという心構えをしっかりと持つことだと思います。私は、常にそれを意識して頑張っています。

卒業生メッセージ
沼倉ゆりかさん

公立志津川病院勤務

第36回生 平成19年度卒業 沼倉 ゆりか さん

[宮城県佐沼高校出身]

学院で学んだことが生かされていると実感します。

沼倉ゆりかさん

病院歯科を目指したきっかけは、在学中に学んだ「ハート五橋」での実習でした。専門的な知識に加え、看護や介護についても学び、その経験を生かしたいと思いました。現在は入院患者さんの口腔ケアや訪問診療なども行っています。患者さんによって治療も様々なので、先生や看護師さんと話し合ってケアプランを立てるなど、毎日が勉強と同時にやりがいを感じています。