HOME > 各種歯科診療案内 > 事業所歯科健診

事業所歯科健診

就業者に対して労働安全衛生法により健診が定められてから、20年が経過しております。しかし歯科健診は、法的裏付けがありません。全てが事業主の自主性に任されているのが現状です。歯科医師会では、事業所から健診の要望があればいつでも応じる体制をとっております。健診というとむし歯の数や、歯周病の有無で一喜一憂するという事が多いかもしれません。受診者の現在の口の中の状態が、なぜ起きたのかをまず知っていただくことが重要であると考えております。そのため、治しても又悪くなることを防ぐことに主眼をおいた健診システムがつくられています。


歯科健診の目的

  1. 歯科疾患の早期発見
  2. 歯を長持ちさせ、8020の達成
  3. 生活習慣の改善

事業所としてのメリット

  1. 健康増進による生活習慣病の減少。それにかかる医療費も減少する。
  2. 労働意欲の向上、作業能率の増進
  3. 遅刻・早退・欠勤の減少
  4. 事故・トラブルの減少

事業所歯科健診の実施

事業所歯科健診は、歯科医師会と各事業所が協力して行います。
その方法には2種類あり、歯科衛生が事業所に出張して健診を実施するもの、受診者が近くの登録医療機関に直接健診にいくものが考えられます。どちらの場合も健診の内容は同じで、以下のものを予定しています。

  1. 簡単な問診の実施
  2. 口腔内の診査
  3. 歯肉の状況の検査
  4. 口腔の清掃状況
  5. その他の所見
  6. 簡単な口腔衛生指導
  7. 健診結果の判定とその通知
  • 事業所歯科健康診査実施要領(PDF)
  • 事業所歯科健康診査実施申込書(PDF)
  • リーフレット「事業所歯科健診のすすめ」(PDF)
事業所歯科健診のすすめ 口腔保健質問票

問合せ先
TEL.022-222-5960
FAX.022-215-3442

担当
宮城県歯科医師会 地域保健医療課