歯科衛生士ってどんな仕事?

 

仕事内容

歯科衛生士は、その専門課程を修得し、国の資格試験に合格した者が厚生労働大臣から認定を受け、歯科医療・保健・福祉の分野で活躍するスペシャリストです。
会話や食事…〝口〟は私たちが心身共に健康な生活を送るために欠かせない大切な役目を担っています。
歯科衛生士は、赤ちゃんが胎内に宿ってからその生涯にわたり、 ライフステージに応じた口腔ケアをしながら全身の健康づくりのお手伝いをします。
今、歯科医療は口腔の疾患の治療から予防へ、さらに、QOLの向上を目指すものへと大きく変わっています。その中で、歯科衛生士の職域は広がり、医療分野で最も期待されている職種です。

  • 歯科予防処置

    歯科予防処置

    直接患者さんのお口(口腔)に触れ、歯垢(プラーク)や歯石を取り除いたり、薬を塗布して、歯周病やむし歯を予防します。

  • 歯科診療補助

    歯科診療補助

    歯科診療がスムーズに進むように、歯科医師の診療を補助するとともに、共同で患者さんの診療にあたります。

  • 歯科保健指導

    歯科保健指導

    歯科保健に必要な歯磨き指導や食生活指導を行い、口腔の健康をサポートします。

  • 介護歯科保健・在宅歯科診療

    介護歯科保健・在宅歯科診療

    歯科医師と共に在宅や施設等での歯科保健医療サービスを行います。

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科衛生士は医療国家資格
歯科助手は資格がいらない

歯科衛生士は医療国家資格を持つ専門職で、歯と歯ぐきの病気を予防するための処置や歯磨き指導、食生活指導などの幅広い役割があります。

内容と責任、一生働けるそれが歯科衛生士です

歯科衛生士への道

現在、歯科医療は口腔の疾患の治療から予防へ、また、高齢社会の急速な進行による口腔ケアの必要性など、歯科衛生士の存在性はますます重要になっています。やり甲斐があり、誇りをもって歩むことができる歯科衛生士の道。その歯科衛生士になるためには、その専門課程を修得し、国家試験に合格する必要があります。

歯科衛生士への道

歯科衛生士の活躍のステージ

歯科衛生士の活躍の場は多彩で、口腔を通じて健康で快適な生活に導くためにその専門性を発揮しています。

  • 歯科診療所・病院歯科

    歯科衛生士が最も多く活躍している職場です。治療に加え、予防に関わる業務を行います。

  • 福祉施設

    老人保健施設等で、口腔の機能を高めるため『専門的口腔ケア』を行い、生活の質の向上を目指します。

  • 行政機関

    市町村保健福祉センター等で、口腔の健康を通して全身の健康を高め、地域保健に貢献します。

  • 歯科関連企業

    歯科衛生士の専門的知識を活かし、歯科用品の紹介やセミナーを行ったり、研究や開発にも携わります。

  • 教育機関

    歯科衛生士養成校で、新しい知識や技術を教え、歯科衛生士を育成します。